貧乳はステータスではない!

思春期に入った頃から胸が小さいことに気付き、今までずっと悩んできました。特に私は、下半身デブで、下半身は大きいのに対して上半身は小さい、細いというバランスの悪さが悩みでした。小さい頃からスポーツをやっていたこともあり、激しい運動やトレーニングを毎日繰り返していたせいか脂肪がつかず、成長期にも胸だけは成長しませんでした。

ルーナナチュラルアップナイトブラ

中学生になり、周りの友達がブラジャーをつけ始めていることをうらやましく思いました。胸がなく、ブラジャーの機能はまだ必要ないと思いつつも、見栄もあり、単純に欲しいと思ったからです。とても恥ずかしかったのですが、ブラジャーが欲しいということを母に伝え、「まだ要らないでしょう」と言われながらも説得したことで、念願叶って購入してもらいました。お店で一番小さいサイズのブラジャーを購入したのですが、それすら胸にフィットせず、ぶかぶかで、着用したのを見た母には、散々笑われました。それが今でも鮮明に思い出せるほど記憶に残っていてトラウマになっています。

その後、彼氏ができても、胸を触らせないような思春期を送りました。今まで誰かに面と向かって胸が小さいと指摘されたことはなかったのですが、学校の修学旅行や運動部の合宿で誰かと一緒にお風呂に入ることが嫌で嫌でたまらなかったことを覚えています。

胸が小さいという悩みとは、これからも一生付き合っていくのだと思い、覚悟しています。