プリズナー・トレーニング

私はかれこれ4年くらい筋トレしています。

鍛神HMBの口コミと効果を暴露!

最初はロングブレスダイエット、その後は自重筋トレ。

その後2年くらい前に、

「プリズナー・トレーニング」

に出合い、人生が変わりました。

「プリズナー・トレーニング」はポール・ウェイドという人が書いた、

自重筋トレの専門書です。

・胸筋(プッシュ・アップ)

・腹筋(レッグ・レイズ)

・背筋(プル・アップ)

・下半身(スクワット)

・脊柱起立筋(ブリッジ)

・肩(ハンド・スタンド・プッシュアップ)

以上の6種目がステップ1からステップ10まであり、

どんなに筋力がない人でも(女性でも)、

ステップ1から順番に、トレーニングしていけば、

効率よく、全身が鍛えられるようになっています。

このトレーニング法のすごいところは、

筋肉だけでなく、関節を強化することにも、力点が置かれているところです。

普通の自重筋トレや、ウェイトトレーニングでは、

初心者がどの種目、どれくらいの重量を扱えばいいか、

よくわからなことがしばしばです。

そのため、自分に合っていない筋トレをして、

関節を痛めることがあります。

ですが、この「プリズナー・トレーニング」では、

各種目、各ステップごとに、

「初心者の標準」

「中級者の標準」

「上級者の標準」

が設定されていて、

「上級者の標準」

をクリアするまで、ひとつのトレーニングを極めれば、

関節も同時に鍛えられるので、

関節を痛める心配がありません。

もしそれでも、関節に違和感を感じることがあれば、

ひとつ前のステップに戻ってトレーニングすれば、

確実に回復します。

なのでこのトレーニング方法は、

高齢者や女性などにもとても合っていると思います。

それに、少しずつステップが上がっていくこと、

身体つきが変わっていくことを実感し、

続けていくことが楽しくなること間違いなしです。

ぜひ、この「プリズナー・トレーニング」を、試していただきたいと思います。