口臭の原因は歯間の汚れ

歯をきちん毎日磨いていても、歯間を綺麗に磨いている人は少ないと思います。特に歯間の汚れは通常のブラッシングでは落とせないこともあります。その結果、口臭が臭くなったり、虫歯になったります。また、歯周病にもなります。歯周病になるとこれまで以上に口臭が悪化します。http://ihostdz.com/

歯間ブラシを使用することで歯間のケアは出来ますので毎日毎回行うと口臭予防になります。歯間の汚れをほっておくとだんだんと口臭が悪化しますので要注意になります。しかしながら、歯間ブラシを強くすると血が出ることもありますので優しくするがポイントになります。

また、おすすめはブラッシング前に歯間ブラシを使いその後、ブラッシングを行います。その後、再び歯間ブラシすることでより確実に歯間の汚れ取ることが出来ます。

また、口臭のケアとしてその後のケアも大切です。歯間ブラシがおわったら、マウスウォッシュをすることでより口臭が悪化しにくいことになります。マウスウォッシュをすることで口臭を清潔に長時間保つことができます。また、寝る前にマウスウォッシュを使用すると朝起きて口のねばねば感や臭みは少なくなります。歯間ブラシとマウスウォッシュを併用することで大きな成果を得ることが出来ます。