男の子の二極化、家庭環境の二極化

優しい男の子が増えたなと感じます。特に気立てのよいお坊ちゃんタイプでもなくて、昔の時代だったら悪ガキでただ男子の中で走り回って遊んでいるだけだったのではと思われる男の子でも、女の子に優しくしてあげている様子を街中でこの頃よく見ます。その子の横で立ち止まって、女の子の方のペースに合わせてゆっくり話の相手をしてあげていたりだとか、もはやその辺だったら普通になってきているのかなと感じるくらいです。

自衛隊にオススメの結婚相談所!

しかし、その一方でとんでもなく前時代的な感じの男子もいるようです。結婚にまつわるようなライフスタイルの、女性ならではの事情への悪意を、仲間うちで悪態をつきながら話していたり、女性が近くに来たと見ると明らかに排除するためのポーズを取ってみたり等。二極化かしらと思ってしまいます。にしても、恋愛の経験値には明らかな差がつきそうだなと思います。

また、家庭環境に関しても二極化があり、そのことで人の恋愛事情の差が生まれているようにも思えます。いまだに男女関係をコントロールしがちであり、子供は家にいつかせる系の親の家庭もあったり、お小遣いはぽんとあげてしまって学校帰りでも友達同士でファミレスへ行かせたりなども平気な家庭もあったりするようです。それに関して、男女で楽しそうにしている様子を見ていると、やはり自由度の高い家庭環境にシフトしていった方がいい人間に育ちそうだなと思ってしまいます。いい経験をした人が社会をまたいい風に変えてくれるといいなと思います。