姿勢矯正ベルトダイエット

筋肉がつけて、基礎代謝が上げる。そして、摂取カロリーを減らす、つまり、食べる量を減らす。これがダイエットの王道だろうと思います。ところが、ダイエットによって、体重が減ったとしても、リバウンドという厄介なやつが待っています。結局ダイエットの成功というのは、体重を減らすこととその状態を維持することの2つの段階を達成しないといけない。とはいっても、美味しいものがあふれかえっている今の世の中、体重を減らす段階で挫折するという人が多いのは想像に難くない。私もそんな一人でした。

そんな中、出会ったのは姿勢矯正ベルト。これのいいところは、ダイエットの苦痛ポイントの食事を我慢する必要がないところ。リュックサックを担ぐ要領で、姿勢矯正ベルトを装着。これだけです。実際私がやったのは。これをつけているだけで、食事制限も運動も全くしていない。ただつけているだけ。しかも、つけていたのは、一ヶ月ぐらいで、あとはたまにつけていたぐらいです。姿勢矯正ベルトをつけていることで、自然に姿勢を維持する筋肉がついたのだろうと勝手に想像していますが、一ヶ月ほどで、ベルトはしなくてもベルトをしている姿勢を意識しなくともできるようになっていたのです。

ここまでの話だと、ただ姿勢矯正ベルトをして姿勢が良くなったやつというだけの話ですが、一ヶ月ほどで、体重も確実に減りました。それでも、実際に体重が減ったときに感じたことといえば、体重が減って嬉しいなぁーというよりは、体が楽になったことの快感のようなもの。

そして、ダイエットの成功の秘訣というのはひょっとしてそっちの方あるのかもしれない、つまりは、何かを続けるには苦痛ではなく楽しいとか快感のようなものがないと続けていくのは難しいのだろうということ。ダイエットの成功の鍵は、体重の減少をメインにするのではなく、体の感覚とか機能の向上をメインにすることではないでしょうか。姿勢矯正ベルトはそんなことを私に教えてくれました。