努力を上回る肌の衰え

10代の頃から肌には気を使っていたので、私には肌の悩みなど無縁に感じるほど肌には自信があるまま30代を迎えました。周りの同年代の友人に比べれば、肌の悩みは少ないかなと感じ褒められることもおおくありましたが、30代半ばを過ぎると目の周りの乾燥からシワっぽさを感じるようになってしまいました。

http://www.portellenclan.com/

保湿には余念がないと自負していましたが、なかなかケアの効果は得られず、その悩みからなんだか老けて見えるような気がしてなりません。人は褒めることはしてくれてもなかなかマイナスのことは、本人を目の前にして指摘してくれる人は少なく、人の目が余計に気になるようにもなりました。

どんどん加速していくように肌の衰えを感じ、焦りすら感じています。

朝、メイク前にどれだけ保湿をしてみても夕方過ぎれば、なんの効果もないほどにシワが目立ってしまいカバーするためにしているファンデーションがより、シワを目立たせているような気もしてなりません。

高いものはいい効果があると買い漁ることもありましたが、そうではないと実感し、肌に合うスキンケアを求める重要性を感じています。肌が若々しいというのは、見た目に大きく反映されるものなんだなぁとつくづく身をもって感じています。